• 公開日:

PDFのページを1ページだけ削除する無料ソフト3選

PDFのページを削除したい場合には、基本的に一度WordやExcelなどの編集可能なファイル形式に変換する必要があり、面倒な手間がかかってしまいます。

しかし無料で提供されている様々なツールを使用することで、PDF形式のまま簡単にページを削除することができます。

「書類テンプレートに自分には必要のないページが含まれていた」「送付予定のPDFに不要なページが挿入されている」などの場合に、以下でご紹介するツールをぜひご活用ください。

PDF24 Creatorの基本情報

PDF24 Creator

PDF24 Creator

評価: 3.4 (12)
評価をする:

☆を押した後にレビューができます

レビュー: (1)

  • 2024/4/25
    いろいろな機能が使えて便利です

日本語: 〇
オンライン(インストール不要): 〇
オフライン(インストール型): 〇

PDF24 Creatorで1ページだけ削除する方法

PDF24 Creatorで1ページだけ削除する方法をご紹介します。

PDF24 CreatorはWindows向けに提供されているPDF変換ソフトです。

完全無料で回数や期間などの制限なく、豊富な編集機能も使用することができるため、非常に使い勝手の良いソフトとなっています。普段からPDFファイルを使う機会が多い方はぜひお試しください。

以下ではWindows 11を使って、PDF24 Creatorで1ページだけ削除する方法をご説明します。

PDFページを取り除くを選択する

PDF24 Creatorを起動します。

一覧で表示されている項目の中から、「PDFページを取り除く」を選択します。

ファイルを選択するボタンを押す

「ファイルを選択する」ボタンを押します。

ページを削除したいPDFを選択する

「開く」ダイアログボックスが表示されました。

ページを削除したいPDF(例:PDFサンプル)を選択し、②「開く」ボタンを押します。

ページを選択してPDFを作成ボタンを押す

選択したPDFが表示されました。

削除したいページを選択し、②「PDFを作成」ボタンを押します。

保存ボタンを押す

画面に「あなたのジョブは処理されました。」と、表示されました。

「保存」ボタンを押します。

保存先を指定する

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されました。

任意の保存先(例:デスクトップ)を選択し、②ファイル名(例:PDF24 Creatorでページを削除)を入力します。③「保存」ボタンを押します。

ページを削除したPDFを保存できた

PDFを保存できました。次に、ページを正しく削除できているか確認します。

保存したPDFを開く

「エクスプローラー」、②指定した保存先(例:デスクトップ)の順に開きます。

先ほど保存したPDF(例:PDF24 Creatorでページを削除)をダブルクリックします。

ページを正しく削除できている

PDFが表示され、ページが削除されていることを確認できました。

AvePDFの基本情報

AvePDF

AvePDF

評価: 0.0 (0)
評価をする:

☆を押した後にレビューができます

レビュー: (0)

    日本語: 〇
    オンライン(インストール不要): 〇
    オフライン(インストール型): ×

    AvePDFで1ページだけ削除する方法

    AvePDFで1ページだけ削除する方法をご紹介します。

    AvePDFはブラウザ上で使用することができるPDF変換/編集ツールです。

    Google ChromeやMicrosoft Edge、Safariなど、基本的にどのブラウザからでもアクセス可能となっているため、ご自身が使いやすい端末を使ってPDFの編集をすることができます。

    以下ではGoogle ChromeからAvePDFにアクセスして、1ページだけ削除する方法をご説明します。

    PDFを整理するを選択する

    AvePDFにアクセスします。

    一覧で表示されている項目の中から、「PDFを整理する」を選択します。

    ファイルを選ぶボタンを押す

    「ファイルを選ぶ」ボタンを押します。

    ページを削除したいPDFを選択する

    「開く」ダイアログボックスが表示されました。

    ページを削除したいPDF(例:PDFサンプル)を選択し、②「開く」ボタンを押します。

    ページを削除する

    選択したPDFが表示されました。①削除したいページにカーソルを合わせ、②「削除」ボタンを押します。

    並べ替えボタンを押す

    選択したページを削除できました。「並べ替え」ボタンを押します。

    ダウンロードボタンを押す

    画面に「これでファイルが整理されました」と表示されました。「ダウンロード」ボタンを押します。

    以上の操作でページが削除されたPDFのダウンロードが開始します。

    次に、ページを正しく削除できているか確認します。

    ダウンロードしたPDFを開く

    ダウンロードが完了すると、画面右上に「最近のダウンロード履歴」が表示されます。

    ダウンロードしたPDFをクリックします。

    ページを正しく削除できた

    PDFが表示され、ページが削除されていることを確認できました。

    CubePDF Utilityの基本情報

    CubePDF Utility

    CubePDF Utility

    評価: 0.0 (0)
    評価をする:

    ☆を押した後にレビューができます

    レビュー: (0)

      日本語: 〇
      オンライン(インストール不要): ×
      オフライン(インストール型): 〇

      CubePDF Utilityで1ページだけ削除する方法

      CubePDF Utilityで1ページだけ削除する方法をご紹介します。

      CubePDF UtilityはPDFの結合やページの挿入、削除などが行えるWindows向けソフトです。

      またCubePDF Utilityは、日本の企業である株式会社キューブ・ソフトが運営しているソフトであり、公式サイトなどが日本語表記となっているため、情報の取得がしやすく安全性を重視する方にお勧めです。

      以下ではWindows 11を使って、CubePDF Utilityで1ページだけ削除する方法をご説明します。

      開くボタンを押す

      CubePDF Utilityを起動します。

      画面左上の「開く」ボタンを押します。

      ページを削除したいPDFを選択する

      「ファイルを開く」ダイアログボックスが表示されました。

      ページを削除したいPDF(例:PDFサンプル)を選択し、②「開く」ボタンを押します。

      ページを削除する

      編集画面に選択したPDFが表示されました。

      削除したいページを選択し、②「削除」ボタンを押します。

      名前を付けて保存を選択する

      選択したページを削除できました。

      次に、ファイルを保存します。①保存の「▽」ボタンを押し、②「名前を付けて保存」を選択します。

      保存先を指定する

      「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されました。

      任意の保存先(例:デスクトップ)を選択し、②ファイル名(例:CubePDF Utilityでページを削除)を入力します。③「保存」ボタンを押します。

      ページを削除したPDFを保存できた

      PDFを保存できました。次に、ページを正しく削除できているか確認します。

      保存したPDFを開く

      「エクスプローラー」、②指定した保存先(例:デスクトップ)の順に開きます。

      先ほど保存したPDF(例:CubePDF Utilityでページを削除)をダブルクリックします。

      正しくページを削除できている

      PDFが表示され、ページが削除されていることを確認できました。