• 公開日:

PDF内の1ページ(特定ページ)だけ保存する無料ソフト3選

PDF内の複数ページの中から特定のページだけを保存したい場合があります。

PDF内の1ページ(特定ページ)だけ保存する無料のソフトを3つご紹介します。

それぞれのソフトに「1ページだけを抽出する」機能がついているので、これを活用しましょう。

PDF24 Creatorの基本情報

PDF24 Creator

PDF24 Creator

評価: 3.5 (13)
評価をする:

☆を押した後にレビューができます

レビュー: (1)

  • 2024/4/25
    いろいろな機能が使えて便利です

日本語: 〇
オンライン(インストール不要): 〇
オフライン(インストール型): 〇

PDF24 CreatorでPDF内の1ページだけ保存する方法

PDF24 CreatorでPDF内の1ページだけ保存する方法をご紹介します。

PDF24 Creatorは完全無料で利用できるPDF変換ソフトです。オンライン版とデスクトップ版、Chrome拡張機能版があります。

「PDFページを抽出する」という機能があり、簡単に1ページだけを抽出し保存できます。

今回はWindows 11を使って、デスクトップ版のPDF24 CreatorでPDF内の1ページだけ保存する方法をご紹介します。

PDF24 Creatorを起動する

PDF24 Creatorを起動します。

「PDFページを抽出する」を選択します。

「ファイルを選択する」ボタンを押す

抽出ツールが開きます。

画面中央の「ファイルを選択する」ボタンを押します

ファイルを選択する

「開く」ダイアログボックスが表示されます。

任意のファイル(例:文書)を選択し、②「開く」ボタンを押します

抽出するページを選択する

選択したファイルがPDF24 Creatorに読み込まれます。

抽出したいページ(例:2ページ目)を選択し、②「ページを抽出する」ボタンを押します

「保存」ボタンを押す

抽出が完了したので、次にファイルを保存します。

「保存」ボタンを押します

名前を付けて保存する

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。

任意の保存先(例:ダウンロード)、②保存先のフォルダ(例:PDFファイル)の順に選択します。

ファイル名(例:1ページだけ)を入力し、④「保存」ボタンを押します

確認する

保存できました。

保存先として指定したフォルダにファイルが保存されているので、ダブルクリックで開きます。

PDF24 Creatorで1ページだけ保存できた

抽出したページが開けば、正しくPDF内の1ページだけ保存できています。

Sejdaの基本情報

Sejda

Sejda

評価: 3.5 (2)
評価をする:

☆を押した後にレビューができます

レビュー: (0)

    日本語: 〇
    オンライン(インストール不要): 〇
    オフライン(インストール型): 〇

    SejdaでPDF内の1ページだけ保存する方法

    SejdaでPDF内の1ページだけ保存する方法をご紹介します。

    SejdaはPDFの作成や結合などができるPDFエディタです。オンライン版、デスクトップ版、拡張機能版があります。

    ページを抽出する機能があり、アカウント/クレジットカード登録不要で使用可能です。

    今回はWindows 11を使って、デスクトップ版のSejdaでPDF内の1ページだけ保存する方法をご紹介します。

    Sejdaを起動する

    Sejdaを起動します。

    「Extract Pages」を選択します。

    「Choose PDF files」ボタンを押す

    抽出ツールが開きます。

    画面中央の「Choose PDF files」ボタンを押します

    ファイルを開く

    「開く」ダイアログボックスが表示されます。

    任意のファイル(例:文書)を選択し、②「開く」ボタンを押します

    抽出するページを選択

    選択したファイルがSejdaに読み込まれます。

    抽出したいページ(例:2ページ目)を選択し、②Extract Pages」ボタンを押します

    保存先を指定する

    「Select output file」ダイアログボックスが表示されます。

    任意の保存先(例:ダウンロード)、②保存先のフォルダ(例:PDFファイル)の順に選択します。

    ファイル名(例:1ページだけ3)を入力し、④「Select output file」ボタンを押します

    PDFを選択する

    保存できました。

    保存先として指定したフォルダにファイルが保存されているので、ダブルクリックで開きます。

    Sejdaで1ページだけ保存できた

    抽出したページが開けば、正しくPDF内の1ページだけ保存できています。

    CubePDF Utilityの基本情報

    CubePDF Utility

    CubePDF Utility

    評価: 0.0 (0)
    評価をする:

    ☆を押した後にレビューができます

    レビュー: (0)

      日本語: 〇
      オンライン(インストール不要): ×
      オフライン(インストール型): 〇

      CubePDF UtilityでPDF内の1ページだけ保存する方法

      CubePDF UtilityでPDF内の1ページだけ保存する方法をご紹介します。

      CubePDF Utilityは、株式会社キューブ・ソフトが開発・提供を行っている無料PDF変換ソフトです。

      無料ソフトですがPDFの結合や抽出などのさまざまな機能を無制限で利用できます。

      今回はWindows 11を使って、PDF内の1ページだけ保存する方法をご紹介します。

      CubePDF Utilityを起動する

      CubePDF Utilityを起動します。

      「開く」を選択します。

      抽出するファイルを開く

      「ファイルを開く」ダイアログボックスが表示されます。

      任意のファイル(例:文書)を選択し、②「開く」ボタンを押します

      抽出ページを選択する

      選択したファイルがCubePDF Utilityに読み込まれます。

      抽出したいページ(例:2ページ目)を選択します。

      「選択ページを抽出」を選択する

      「抽出」、②「選択ページを抽出」の順に選択します。

      保存する

      「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。

      任意の保存先(例:ダウンロード)、②保存先のフォルダ(例:PDFファイル)の順に選択します。

      ファイル名(例:1ページだけ2)を入力し、④「保存」ボタンを押します

      1ページだけ保存できたか確認する

      保存できました。

      保存先として指定したフォルダにファイルが保存されているので、ダブルクリックで開きます。

      CubePDF Utilityで1ページだけ保存できた

      抽出したページが開けば、正しくPDF内の1ページだけ保存できています。