• 公開日:

PDFに空白ページを追加するフリーソフト3選

空白ページは、主に印刷物にする際に役に立ちます。例えば見開き印刷をする場合、用紙1枚に表裏2ページ分を印刷すると必然的に偶数になるので、奇数ページの場合は空白ページを追加して偶数にする必要があります。

他にも章と章の間に空白ページを追加すると、見栄えが良くなります。効果的に使って資料の仕上がりを良くしましょう。

以下では、PDFに空白ページを追加するフリーソフトをご紹介します。デスクトップ版とオンライン版をご紹介するので、任意の方法で試してみてください。

WPS PDFの基本情報

WPS PDF

WPS PDF

評価: 3.3 (3)
評価をする:

☆を押した後にレビューができます

レビュー: (0)

    日本語: 〇
    オンライン(インストール不要): ×
    オフライン(インストール型): 〇

    WPS PDFで空白ページを追加する方法

    WPS PDFは有料のPDF編集ツールです。無料版は回数などに制限はありますが、登録不要で一部の機能を使うことができます。

    空白ページの追加は1ファイルにつき4枚までの制限があります。5枚以上追加したい場合は有料プランへ移行するか、デスクトップ版の7日間の無料トライアル(1年間の有料プランのみに適用)に加入してください。

    今回はWindows 11を使って、WPS PDFのデスクトップ版でPDFに空白ページを追加する方法をご紹介します。

    「Open」を押す

    WPS PDFを起動します。

    「Open」を選択します。

    ファイルを選択して「開く」を押す

    「ファイルを開く」ダイアログボックスが表示されました。空白ページを追加したいPDFファイルを選択します。

    「保存先(例:マイデスクトップ)」、②「PDFファイル(例:家計簿(2023))」の順に選択して、③「開く」ボタンを押します。

    右クリックメニューから空白ページを挿入する

    編集画面にPDFが追加されました。

    ①サムネイルのページ上で「右クリック」し、②「ページを挿入」、③「空白ページ」の順に選択します。

    設定を確認して「OK」を押す

    「空白ページの挿入」ダイアログボックスが表示されました。

    ①挿入先で「最初のページ」を選択し、②挿入位置で「前」を選択して、③「OK」ボタンを押します。

    空白ページが挿入できた

    1ページ目に空白ページが追加されました。

    「メニュー」から「名前を付けて保存」を選択

    PDFを保存していきます。

    「メニュー」、②「名前を付けて保存」の順に選択します。

    保存先を選択する

    「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されました。

    「保存先(例:マイデスクトップ)」を選択し、②「ファイル名(例:家計簿(2023)1ページ目空白」を入力し、③「保存する」ボタンを押します。

    保存したPDFを開く

    PDFが保存されました。空白ページが追加できているか確認していきます。

    「保存先(例:2023家計簿)」をダブルクリックします。

    空白ページが追加できた

    PDFを開いて、空白ページが追加できていれば操作は完了です。

    AvePDFの基本情報

    AvePDF

    AvePDF

    評価: 0.0 (0)
    評価をする:

    ☆を押した後にレビューができます

    レビュー: (0)

      日本語: 〇
      オンライン(インストール不要): 〇
      オフライン(インストール型): ×

      AvePDFで空白ページを追加する方法

      AvePDFはオンラインで使用できるPDF編集ツールです。無料版と有料版で使える機能は同じですが、無料版は6時間に2ファイルしか操作できないのでご注意ください。

      今回はWindows 11を使って、AvePDFのオンライン版でPDFに空白ページを追加する方法をご紹介します。

      「ファイルを選ぶ」押す

      AvePDFにアクセスします。

      「ファイルを選ぶ」ボタンを押します。

      ファイルを選択して。「開く」を押す

      「開く」ダイアログボックスが表示されました。空白ページを追加したいPDFファイルを選択します。

      「保存先(例:デスクトップ)」、②「PDFファイル(例:家計簿(2023))」の順に選択して、③「開く」ボタンを押します。

      空白ページを追加する

      今回は、1ページ目に空白ページを追加していきます。1ページ目に「マウスオーバー」して、表示された「+」ボタンを押します。

      選択ページの左側の「+」ボタンを押すと、前に空白ページが追加されます。

      選択ページの右側の「+」ボタンを押すと、後ろに空白ページが追加されます。

      「並び替え」を押す

      空白ページを追加できたら、「並び替え」ボタンを押します。

      「ダウンロード」を押す

      「ダウンロード」ボタンを押します。

      ダウンロードしたPDFを開く

      画面右上に「最近のダウンロード履歴」が表示されました。

      「ダウンロードしたPDF(例:家計簿(2023)」を選択します。

      空白ページを挿入できた

      PDFを開いて、空白ページが追加できていれば操作は完了です。

      Smallpdfの基本情報

      Smallpdf

      Smallpdf

      評価: 0.0 (0)
      評価をする:

      ☆を押した後にレビューができます

      レビュー: (0)

        日本語: 〇
        オンライン(インストール不要): 〇
        オフライン(インストール型): 〇

        Smallpdfで空白ページを追加する方法

        Smallpdfは有料のPDF編集ツールですが、一部の機能を無料で使うことができます。ただし、デスクトップ版はWindowsのみに対応しているのでMacを使用している場合は、オンライン版をご利用ください。

        無料版では、既存のPDFを追加することはできませんが、空白ページを追加することはできます。

        今回はWindows 11を使って、Smallpdfのデスクトップ版でPDFに空白ページを追加する方法をご紹介します。

        「開く」を押す

        Smallpdfを起動します。

        「開く」ボタンを押します。

        ファイルを選択して「開く」を押す

        「開く」ダイアログボックスが表示されました。空白ページを追加したいPDFファイルを選択します。

        「保存先(例:デスクトップ)」、②「PDFファイル(例:家計簿(2023))」の順に選択して、③「開く」ボタンを押します。

        ページ上の3つの点を押す

        編集画面にPDFが追加されました。

        空白ページを追加したいページの上にマウスオーバーして、「オプション(縦に並んだ3つの点)」ボタンを押します。

        「挿入」から「後に空白ページを挿入する」を押す

        「挿入」、②「後に空白のページを挿入する」の順に選択します。

        空白ページをドラッグして移動させる

        1ページ目の前に空白ページを追加したい場合、「ドラッグ」して先頭に移動させます。

        追加オプションから「名前を付けてファイルを保存」を押す

        PDFを保存していきます。

        ①画面右上の「追加オプション」、②「名前を付けてファイルを保存」の順に選択します。

        名前を付けて保存する

        「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されました。

        「保存先(例:デスクトップ)」を選択し、②「ファイル名(例:家計簿(2023)1ページ目空白」を入力し、③「保存」ボタンを押します。

        保存したPDFを開く

        PDFが保存されました。空白ページが追加できているか確認していきます。

        保存した「PDF」をダブルクリックします。

        空白ページが追加できた

        PDFを開いて、空白ページが追加できていれば操作は完了です。