• 公開日:

スマホ(iPhone)でExcelをPDFに変換する無料ソフト2選

iPhoneでExcelのファイルをPDFに変換できるアプリは、データを共有したり、プレゼンテーション資料として整理したりする際に非常に役立ちます。

Excelのファイルは編集できてしまうため、情報の安全性を保ちながら共有するにはPDF形式が最適です。

そこで、操作が簡単で高機能な、iPhone用の無料PDF変換アプリを選定しました。外出先や空き時間など、シチュエーションを問わず使用できるため大変便利です。

iLovePDFの基本情報

iLovePDF

iLovePDF

評価: 2.4 (5)
評価をする:

☆を押した後にレビューができます

レビュー: (0)

    日本語: 〇
    オンライン(インストール不要): 〇
    オフライン(インストール型): 〇

    iLovePDFを使ってスマホ(iPhone)でExcelをPDFに変換する方法

    iLovePDFには「ExcelからPDF」という機能があり、ExcelのファイルをアップロードするだけでPDFに変換できます。

    無料で使用できるのは「1日に3回まで」となりますが、一括で複数のファイルを変換できるため便利です。

    詳しい使い方は以下の通りです。

    ExcelからPDFを選択する

    iLovePDFを開き、①「ツール」、②「ExcelからPDF」の順に選択します。

    +ボタンを押す

    「+」ボタンを押します。

    ファイルを選択する

    「ファイル」を選択します。

    Excelファイルを選択する

    PDFに変換したいExcelのファイル(例:国データ.xlsx)、②「開く」の順に選択します。

    アップロードしたPDFを選択する

    アップロードしたファイルを選択し、②「ExcelからPDF」ボタンを押します。

    変換完了

    「完了!」という画面が表示されたら、変換は完了です。

    iPhone内に変換後のPDFが保存されているか確認してみましょう。

    このiPhone内を選択する

    iPhoneのファイルアプリを開き、①「ブラウズ」、②「このiPhone内」の順に選択します。

    iLovePDFを選択する

    「iLovePDF」フォルダを選択します。

    出力フォルダを選択する

    「出力」フォルダを選択します。

    変換後のPDFが保存されている

    iLovePDFでExcelをPDFに変換すると、Excelのファイル名はそのままの状態でPDFが出力されます。

    ExcelをPDFに変換できた

    変換後のPDFを開いてみました。データも崩れておらず、綺麗に変換されています。

    Xodo PDF Reader & Editorの基本情報

    Xodo PDF Reader & Editor

    Xodo PDF Reader & Editor

    評価: 0.0 (0)
    評価をする:

    ☆を押した後にレビューができます

    レビュー: (0)

      日本語: 〇
      オンライン(インストール不要): 〇
      オフライン(インストール型): 〇

      Xodo PDF Reader & Editorを使ってスマホ(iPhone)でExcelをPDFに変換する方法

      Xodoには「Convert to PDF」機能があり、Excelを含むさまざまな形式のファイルをPDFに変換できます。

      無料で使用できるのは「1日に1回まで」ですが、一度に複数のファイルを変換できるため、無料でも十分使用できます。

      詳しい使い方は以下の通りです。

      Convert to PDFを選択する

      Xodoを開き、①「Actions」、②「Convert to PDF」の順に選択します。

      Add filesボタンを押す

      「Add Files」ボタンを押します。

      Flesを選択する

      「Files」を選択します。

      ファイルを選択する

      PDFに変換したいExcelのファイル(例:国データ.xlsx)、②「開く」の順に選択します。

      アップロードしたファイルを選択する

      アップロードしたファイルを選択し、②「Next」ボタンを押します。

      Nextボタンを押す

      「Next」ボタンを押します。

      変換完了

      「New Files」という画面が表示されたら、変換完了です。

      iPhone内に変換後のPDFが保存されているか確認してみましょう。

      このiPhone内を選択する

      iPhoneのファイルアプリを開き、①「ブラウズ」、②「このiPhone内」の順に選択します。

      Xodoフォルダを選択する

      「Xodo」フォルダを選択します。

      フォルダを選択する

      「Processed Files」フォルダを選択します。

      変換できた

      Xodoで変換されたPDFは「[ファイル名]-converted」というファイル名で保存されます。

      上記のようなファイル名のPDFが保存されていれば、変換は完了です。

      PDFに変換できている

      変換後のPDFを開いてみました。

      データとほぼ同じ形に変換されるため、基本的に大きな余白がありません。