• 公開日:

WindowsパソコンでPDFを編集する無料ソフト3選

PDFは閲覧環境に左右されないファイルという特長を持つ一方、基本的には直接編集できないという短所も併せ持っています。

既存のPDFに追記したい場合など、無料のPDF編集ソフトで直接書き込むことができれば、きれいに印刷できる上に手間もかかりません。

また、強調線を挿入して見やすくしたり、フリーハンドで書き込みをしてオリジナルのPDFにすることも可能です。

Sejdaの基本情報

Sejda

Sejda

評価: 3.5 (2)
評価をする:

☆を押した後にレビューができます

レビュー: (0)

    日本語: 〇
    オンライン(インストール不要): 〇
    オフライン(インストール型): 〇

    Sejdaを使ってWindowsパソコンでPDFを編集する方法

    Sejdaを使ってWindowsパソコンでPDFを編集する方法をご紹介します。

    無料版はファイルサイズやファイル数に制限はありますが、有料版のすべての機能を使用することができます。

    また、アカウント登録やクレジットカードの登録など不要でインストール後はすぐ利用できます。

    今回はWindows 11を使って、Sejdaのデスクトップ版でPDFを編集する方法をご紹介します。

    PDF Editorを選択する

    Sejdaを起動します。

    「PDF Editor」を選択します。

    Choose PDF filesボタンを押す

    「Choose PDF file」ボタンを押します。

    開くボタンを押す

    「開く」ダイアログボックスが表示されます。

    ①編集したいPDFファイル(例:硝子窓)を選択し、②「開く」ボタンを押します。

    テキストを入力する

    選択したPDFが表示されます。

    ①テキストを挿入したい場合、「Text」を選択します。

    テキストを挿入したい箇所を選択し、入力します。

    ③テキストの色を変えたい場合、「Color」、任意の色(例:青色)の順に選択します。

    ハイライトを挿入する

    ①強調線を引きたい場合は「Annotate」、②「Highlight」で任意の色(例:赤色)の順に選択します。

    saveボタンを押す

    強調線を引きたい箇所をドラッグします。

    ②編集が完了したら「Save」ボタンを押します。

    Select output fileボタンを押す

    「Select output file」ダイアログボックスが表示されます。

    ①任意の格納場所(例:デスクトップ)を選択し、②「Select output file」ボタンを押します。

    PDFを編集することができた

    保存が完了すると、上記の画面のように編集したPDFが表示されます。

    Sejdaを使って、PDFを編集して保存することができました。

    Foxit PDF Readerの基本情報

    Foxit PDF Reader

    Foxit PDF Reader

    評価: 2.0 (3)
    評価をする:

    ☆を押した後にレビューができます

    レビュー: (0)

      日本語: 〇
      オンライン(インストール不要): ×
      オフライン(インストール型): 〇

      Foxit PDF Readerを使ってWindowsパソコンでPDFを編集する方法

      Foxit PDF Readerを使ってWindowsパソコンでPDFを編集する方法をご紹介します。

      完全に無料で利用でき、PDFに描画機能を使って直接文字を書いたり、カスタムスタンプを使って押印したりなどざまざまな機能が使えます。

      なお、個人向けの製品のため商用利用することはできません。企業や団体で利用する場合は姉妹製品「Foxit PDF Editor」を利用しましょう。

      今回はWindows 11を使って、Foxit PDF Readerのデスクトップ版でPDFを編集する方法をご紹介します。

      開くを選択する

      Foxit PDF Readerを起動します。

      画面左上の「開く」を選択します。

      開くボタンを押す

      「開く」ダイアログボックスが表示されます。

      ①編集したいPDFファイル(例:硝子窓)を選択し、②「開く」ボタンを押します。

      テキストを挿入する

      選択したPDFが表示されます。

      ①テキストを挿入したい場合、「ホーム」タブ、「タイプライター」の順に選択します。

      テキストを挿入したい箇所を選択し、任意のテキストを入力します。

      ハイライトを挿入する

      ①強調線を挿入したい場合、「ハイライト表示」、②任意の色(例:桃色)の順に選択します。

      ファイルタブを選択する

      強調線を挿入したい箇所をドラッグします。

      ②編集が完了したら「ファイル」タブを選択します。

      参照ボタンを押す

      「名前を付けて保存」、「コンピューター」の順に選択します。

      「参照」ボタンを押します。

      保存ボタンを押す

      「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。

      ①任意の格納場所(例:デスクトップ)を選択し、②任意のファイル名(例:硝子窓_編集済み)を入力します。

      「保存」ボタンを押します。

      PDFを編集することができた

      保存したPDFを開いて確認します。上の画像はChromeで開いたものです。

      Foxit PDF Readerを使って、PDFを編集して保存することができました。

      Xodo PDF Reader & Editorの基本情報

      Xodo PDF Reader & Editor

      Xodo PDF Reader & Editor

      評価: 0.0 (0)
      評価をする:

      ☆を押した後にレビューができます

      レビュー: (0)

        日本語: 〇
        オンライン(インストール不要): 〇
        オフライン(インストール型): 〇

        Xodo PDF Reader & Editorを使ってWindowsパソコンでPDFを編集する方法

        Xodo PDF Reader & Editorを使ってWindowsパソコンでPDFを編集する方法をご紹介します。

        無料版は、1日1回までであれば有料版の機能をすべて利用できます。

        今回はWindows 11を使って、Xodo PDF Reader & Editorのデスクトップ版でPDFを編集する方法をご紹介します。

        フォルダマークボタンを押す

        Xodo PDF Reader & Editorを起動します。

        「フォルダ」マークのボタンを押します。

        開くボタンを押す

        「開く」ダイアログボックスが表示されます。

        ①編集したいPDFファイル(例:硝子窓)を選択し、②「開く」ボタンを押します。

        編集するを選択する

        選択したPDFが表示されます。

        画面上部の「編集する」を選択します。

        下線を引く

        画面上部に編集ツールが表示されます。

        ①テキストに下線を引きたい場合、「下線」を選択し、②下線を引きたい箇所をドラッグします。

        下線を引くことが出来た

        赤矢印で示す通り、ドラッグした箇所に下線を引くことができました。

        テキストボックスを選択する

        ①テキストを挿入したい場合、「More」、「テキストボックス」の順に選択します。

        テキストを入力する

        テキストを挿入したい箇所を選択し、テキストを入力します。

        ②テキストボックスの下部にツールボックスが表示されるので、任意の色(青色)を選択します。

        閉じるを選択する

        「閉じる」を選択して編集ツールを閉じます。

        名前を付けて保存を選択する

        「名前を付けて保存」を選択します。

        Saveボタンを押す

        「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。

        ①任意の格納場所(例:デスクトップ)を選択し、②「Save」ボタンを押します。

        PDFを編集することができた

        保存したPDFを開いて確認します。上の画像はChromeで開いたものです。

        Xodo PDF Reader & Editorを使って、PDFを編集して保存することができました。