• 公開日:

PDFをGIFに変換するフリーソフト2選

文書やプレゼンテーションの内容をビジュアル(視覚)的に共有したい時、PDFをGIFに変換する方法が役立ちます。

この記事では、その作業を簡単に行える無料ソフトウェア2選を紹介します。

各ソフトの基本情報から使い方まで詳しく解説していきますので、最適なツールを見つけてみてください。

AnyPDFの基本情報

AnyPDF

AnyPDF

評価: 2.6 (5)
評価をする:

☆を押した後にレビューができます

レビュー: (0)

    日本語: 〇
    オンライン(インストール不要): 〇
    オフライン(インストール型): ×

    AnyPDFでPDFをGIFに変換する方法

    AnyPDFは無料のPDF変換ツールです。オンライン版のみのリリースで、Windows/Linux/Mac/iPhone/Androidなどさまざまなデバイスやブラウザに対応しています。

    アカウント登録などが不要で、誰でも利用できます。

    アップロード/ダウンロードしたファイルは、処理後24時間でサーバーから削除されるため、セキュリティ面に関しても安心して利用できます。

    以下、PC(Windows)でAnyPDFを使ってPDFをGIF画像に変換する方法について解説します。

    ファイルを選択またはここにファイルをドロップします

    AnyPDFにアクセスします。

    「ファイルを選択またはここにファイルをドロップします」ボタンを押します

    PDFを選択する

    「開く」ダイアログボックスが表示されました。

    PDFファイルがあるフォルダー(例: デスクトップ)、②PDFファイル(例: 海の景色)の順に選択し、③「開く」ボタンを押します

    変換する

    PDFの読み込みが完了しました。

    「変換する」ボタンを押します

    ダウンロードボタンを押す

    「ダウンロード.GIF」ボタンを押します

    デスクトップに保存する

    「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されました。

    保存したいフォルダー(例: デスクトップ)を選択し、②「保存」ボタンを押します

    GIF画像を開く

    Windows Media PlayerでGIF画像を開くことができました。

    HiPDFの基本情報

    HiPDF

    HiPDF

    評価: 2.3 (4)
    評価をする:

    ☆を押した後にレビューができます

    レビュー: (0)

      日本語: 〇
      オンライン(インストール不要): 〇
      オフライン(インストール型): 〇

      HiPDFでPDFをGIFに変換する方法

      HiPDFは無料のPDF変換サービスです。HiPDFは、PDFの結合、分割、圧縮、変換などの基本的な機能を無料で提供しており、PDF内のテキストの検索や置換も可能です。

      このサービスは、WindowsやMacの両方で利用可能であり、オンライン版とデスクトップ版が存在します。

      以下、オンライン版のHiPDFを使って、PDFからGIFファイルへの変換を行う方法を解説します。オフライン版にもこの機能はありますが、操作の途中で有料版への案内がありますのでご注意ください。

      PDFをGIFに変換

      HiPDFにアクセスします。

      「ファイルを選択」ボタンを押します

      PDFファイルを開く

      「開く」ダイアログボックスが表示されました。

      PDFファイルがあるフォルダー(例: デスクトップ)、②PDFファイル(例: 海の景色)の順に選択し、③「開く」ボタンを押します

      変換ボタンを押す

      PDFファイルのアップロードが完了しました。

      「変換」ボタンを押します

      ダウンロードボタンを押す

      GIF画像への変換が完了しました。

      「ダウンロード」ボタンを押します

      PDFを保存する

      「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されました。

      保存したいフォルダー(例: デスクトップ)を選択し、②「保存」ボタンを押します

      GIFが開く

      Windows Media PlayerでGIF画像を開くことができました。