• 公開日:

PDFの印刷時に透かしを追加するフリーソフト3選

PDFファイルの印刷時に透かしを追加することで、PDFの著作権を保護したり改ざんを防止したりできます。透かしとは、PDFの背景に薄く表示される文字や画像のことです。

PDFの印刷時に透かしを追加するフリーソフトを3選ご紹介します。

それぞれのソフトの特徴や使い方を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Sejdaの基本情報

Sejda

Sejda

評価: 3.5 (2)
評価をする:

☆を押した後にレビューができます

レビュー: (0)

    日本語: 〇
    オンライン(インストール不要): 〇
    オフライン(インストール型): 〇

    SejdaでPDFの印刷時に透かしを追加する方法

    Sejdaは、オランダの「Sejda」が運営しているPDFエディタです。オンライン版やデスクトップ版などが用意されています。

    「Watermark」機能から透かしを追加できます。処理が完了し、印刷ボタンを押すと透かしが追加された状態で印刷されます。

    今回はWindows 11を使って、デスクトップ版のSejdaでPDFの印刷時に透かしを追加する方法をご紹介します。

    Sejdaを起動する

    Sejdaを起動します。

    画面を下にスクロールし、②「Watermark」を選択します。

    「Choose PDF files」ボタンを押す

    透かしツールが開きます。

    「Choose PDF files」ボタンを押します

    PDFを選択する

    「開く」ダイアログボックスが表示されます。

    任意のPDFファイル(例:文書.pdf)を選択し、②「開く」ボタンを押します

    透かしの設定をする

    選択したファイルがSejdaに読み込まれます。

    透かしの種類(例:A Add Text)、②任意の位置(例:Centered)の順に選択し、③透かし文字(例:社外秘)を入力します。

    文字色、文字の大きさ、透明度、角度などはお好みで調整してください。

    ④透かしがPDFに反映されるので、問題なければ「Watermark PDF」ボタンを押します

    保存先を決める

    「Select output file」ダイアログボックスが表示されます。

    任意の保存先(例:ダウンロード)、②保存先のフォルダ(例:PDFファイル)の順に選択します。

    ファイル名(例:透かし.pdf)を入力し、④「Select output file」ボタンを押します

    「Print」を選択する

    「Task completed」が表示されます。

    「Print」を選択し、PDFを印刷します。

    印刷する

    「印刷」ダイアログボックスが表示されます。

    「印刷」ボタンを押します

    Sejdaで印刷時に透かしを追加できた

    透かしが追加されたPDFを印刷できました。

    UPDFの基本情報

    UPDF

    UPDF

    評価: 0.0 (0)
    評価をする:

    ☆を押した後にレビューができます

    レビュー: (0)

      日本語: 〇
      オンライン(インストール不要): ×
      オフライン(インストール型): 〇

      UPDFでPDFの印刷時に透かしを追加する方法

      UPDFは、中国の「Superace Software Technology Co., Ltd.」が運営しているPDF編集ソフトです。デスクトップ版とアプリ版があります。

      PDFを開き、「透かし」ツールから透かしを追加します。印刷ボタンがあるので、ソフトからそのまま印刷できます。

      今回はWindows 11を使って、デスクトップ版のUPDFでPDFの印刷時に透かしを追加する方法をご紹介します。

      UPDFを起動する

      UPDFを起動します。

      「ファイルを開く」を選択します。

      ファイルを選択する

      「開く」ダイアログボックスが表示されます。

      任意のPDFファイル(例:文書.pdf)を選択し、②「開く」ボタンを押します

      「透かし」を選択する

      選択したファイルがUPDFに読み込まれます。

      「ページツール」、②「透かし」の順に選択し、③「追加」ボタンを押します。

      透かしの設定をする

      透かしの種類(例:テキスト)、②任意のレイアウト(例:右斜め下)の順に選択し、③透かし文字(例:社外秘)を入力します。

      文字色、フォントの種類、文字の大きさ、透明度などはお好みで調整してください。

      ④透かしがPDFに反映されるので確認し、問題なければ「保存」ボタンを押します

      「印刷」を選択する

      次に、PDFを印刷します。

      「ファイル」タブ、②「印刷」の順に選択します。

      印刷する

      「文書.pdf」ダイアログボックスが表示されます。

      「印刷」ボタンを押します

      UPDFで印刷時に透かしを追加できた

      透かしが追加されたPDFを印刷できました。

      CleverPDFの基本情報

      CleverPDF

      CleverPDF

      評価: 0.0 (0)
      評価をする:

      ☆を押した後にレビューができます

      レビュー: (0)

        日本語: 〇
        オンライン(インストール不要): 〇
        オフライン(インストール型): 〇

        CleverPDFでPDFの印刷時に透かしを追加する方法

        CleverPDFは、「CleverPDF.com」が運営しているPDF変換ツールです。デスクトップ版とオンライン版があります。

        アカウント/クレジットカード登録なしで「透かし」を追加できます。しかし、ソフトから印刷できないのでGoogle Chromeを開いて印刷してください。

        今回はWindows 11を使って、デスクトップ版のCleverPDFでPDFの印刷時に透かしを追加する方法をご紹介します。

        CleverPDFを起動する

        CleverPDFを起動します。

        「ウォーターマーク」を選択します。

        「ファイルの追加」ボタンを押す

        透かしツールが開きます。

        「ファイルの追加」ボタンを押します

        PDFファイルを選択する

        「ファイルを開く」ダイアログボックスが表示されます。

        任意のPDFファイル(例:文書.pdf)を選択し、②「開く」ボタンを押します

        透かしの設定をする

        選択したファイルがCleverPDFに読み込まれます。

        透かしの種類(例:テキスト)を選択し、②透かし文字(例:社外秘)を入力します。

        任意の位置(例:中央)を選択したら、④保存先を指定するために「フォルダー」マークを選択します。

        なお、文字色は指定できませんが、文字の大きさや透明度、角度などはお好みで調整できます。

        保存場所を指定する

        「フォルダーの参照」ダイアログボックスが表示されます。

        任意の保存先(例:ダウンロード)、②保存先のフォルダ(例:PDFファイル)の順に選択し、③「OK」ボタンを押します

        「開始」ボタンを押す

        設定が完了しました。

        「開始」ボタンを押します

        ファイルを開く

        PDFが作成されました。

        作成されたPDF(例:文書-watermark.pdf)を選択します。

        「印刷」マークを選択する

        Google ChromeでPDFが開きます。

        「印刷」マークを選択し、PDFを印刷します。

        印刷する

        「印刷」ダイアログボックスが表示されます。

        「印刷」ボタンを押します

        CleverPDFで印刷時に透かしを追加できた

        透かしが追加されたPDFを印刷できました。