• 公開日:

PDFプリンタードライバー無料ソフト3選

無料で使えるPDFプリンタードライバーソフトを3つご紹介します。

PDFプリンタードライバーは、PDFファイルを作成するためのソフトウェアです。これを使用することで、ワードやエクセルの文書を印刷オプションから簡単にPDFとして出力できます。

使いやすさ、機能性、セキュリティー面に優れた便利なソフトをピックアップしました。

CubePDFの基本情報

CubePDF

CubePDF

評価: 3.0 (2)
評価をする:

☆を押した後にレビューができます

レビュー: (0)

    日本語: 〇
    オンライン(インストール不要): ×
    オフライン(インストール型): 〇

    CubePDFでPDFファイルを作成する方法

    CubePDFでPDFファイルを作成する方法をご紹介します。

    CubePDFとは、無料で使える仮想プリンター形式のPDF変換ソフトです。Windowsでのみ使用できます。

    インストールすると、印刷オプションから「CubePDF」が選択できるようになります。

    今回はWindows 11を使って、PDFファイルを作成する方法をご紹介します。

    ファイルタブを選択する

    PDFにしたいファイルを開きます。

    「ファイル」タブを選択します。

    CubePDFを選択する

    印刷オプションからCubePDFを選びます。

    「印刷」、②プリンターの「v」、③「CubePDF」の順に選択し、④「印刷」ボタンを押します

    「...」を選択する

    CubePDFが起動します。

    保存先を指定するので、出力ファイルの「…」を選択します。

    保存先を指定する

    「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。

    任意の保存先(例:ダウンロード)、②保存先のフォルダ(例:PDFファイル)の順に選択します。

    ファイル名(例:ワード文書1.pdf)を入力し、④「保存」ボタンを押します

    「フォルダを開く」を選択する

    保存先を指定できました。

    変換後のアクションを指定するために、①ポストプロセスの「v」、②「フォルダーを開く」の順に選択し、③「変換」ボタンを押します

    PDF閲覧アプリ(Adobe Acrobat Reader等)がインストールされている場合は「開く」にすると、変換後にファイルが自動的に開きます。

    インストールされていない場合は、エラーが出るので「フォルダーを開く」または「何もしない」を選択してください。

    保存先を確認する

    先ほど保存先として指定したフォルダが開きます。

    ファイルが保存されているので、ダブルクリックで開きます。

    閲覧するアプリを選択する

    「アプリを選択して.pdfファイルを開く」ダイアログボックスが表示されます。

    PDFを閲覧するアプリ(例:Google Chrome)を選択し、②「一度だけ」ボタンを押します

    CubePDFでPDF化できた

    PDFが開けば、正しく出力できています。

    Soda PDFの基本情報

    Soda PDF

    Soda PDF

    評価: 1.7 (3)
    評価をする:

    ☆を押した後にレビューができます

    レビュー: (0)

      日本語: 〇
      オンライン(インストール不要): 〇
      オフライン(インストール型): 〇

      Soda PDFでPDFファイルを作成する方法

      Soda PDFでPDFファイルを作成する方法をご紹介します。

      Soda PDFとは、 カナダのAvanquest Software社が開発・提供しているPDF変換サービスです。

      インストールすると、印刷オプションに「Soda PDF」が追加されます。印刷を実行すればPDFファイルが作成されます。

      今回はWindows 11を使って、PDFファイルを作成する方法をご紹介します。

      ファイルタブを選択する

      PDFにしたいファイルを開きます。

      「ファイル」タブを選択します。

      Soda PDFを選択する

      印刷オプションからSoda PDFを選びます。

      「印刷」、②プリンターの「v」、③「Soda PDF Desktop 14」の順に選択し、④「印刷」ボタンを押します

      Soda PDFアプリを選択する

      Soda PDFが起動します。

      タスクバーに表示された「Soda PDF」を選択します。

      保存場所を指定する

      「Set output file name for Soda PDF」ダイアログボックスが表示されます。

      任意の保存先(例:ダウンロード)、②保存先のフォルダ(例:PDFファイル)の順に選択します。

      ファイル名(例:ワード文書3.pdf)を入力し、④「保存」ボタンを押します

      閲覧アプリを選択する

      保存先として指定したフォルダを開きます。

      ファイルが保存されているので、①ファイル上で右クリックし、②「プログラムから開く」、③PDFを閲覧するアプリ(例:Google Chrome)の順に選択して開きます。

      Soda PDFでPDF化できた

      PDFが開けば、正しく出力できています。

      doPDFの基本情報

      doPDF

      doPDF

      評価: 0.0 (0)
      評価をする:

      ☆を押した後にレビューができます

      レビュー: (0)

        日本語: 〇
        オンライン(インストール不要): 〇
        オフライン(インストール型): 〇

        doPDFでPDFファイルを作成する方法

        doPDFでPDFファイルを作成する方法をご紹介します。

        doPDFはあらゆるファイル形式をPDFに変換するツールです。ルーマニアの「Softland」が運営しています。

        オンライン版は無料で誰でも利用でき、デスクトップ版はWindowsのみに対応しており「仮想プリンター」として動作します。

        今回はWindows 11を使って、PDFファイルを作成する方法をご紹介します。

        「ファイル」タブを選択する

        PDFにしたいファイルを開きます。

        「ファイル」タブを選択します。

        doPDFを選択する

        印刷オプションからdoPDFを選びます。

        「印刷」、②プリンターの「v」、③「doPDF 11」の順に選択し、④「印刷」ボタンを押します

        「Browse」ボタンを押す

        doPDFが起動します。

        保存先を指定するので、「Browse」を選択します。

        名前を付けて保存する

        「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。

        任意の保存先(例:ダウンロード)、②保存先のフォルダ(例:PDFファイル)の順に選択します。

        ファイル名(例:ワード文書2.pdf)を入力し、④「保存」ボタンを押します

        「OK」ボタンを押す

        保存先を指定できました。

        「OK」ボタンを押します

        PDF化している

        PDFに変換しています。

        ポップアップが消えたら完了です。

        ファイルを選択する

        保存先として指定したフォルダを開きます。

        ファイルが保存されているので、ダブルクリックで開きます。

        閲覧するアプリを開く

        「アプリを選択して.pdfファイルを開く」ダイアログボックスが表示されます。

        PDFを閲覧するアプリ(例:Google Chrome)を選択し、②「一度だけ」ボタンを押します

        doPDFでPDF化できた

        PDFが開けば、正しく出力できています。