• 公開日:

PDFのメタデータ(非表示情報)を削除するフリーソフト3選

メタデータはPDFに含まれている「作成者」「タイトル」「作成日時」などの非表示情報です。

メタデータは編集可能で、フリーソフトを使って手軽に不要な情報を削除できます。

以下でご紹介するフリーソフトでメタデータを削除した場合、メタデータ削除後は別のファイルとして保存できるため、元々のファイルはメタデータを残した状態にできます。

PDF24 Creatorの基本情報

PDF24 Creator

PDF24 Creator

評価: 3.4 (12)
評価をする:

☆を押した後にレビューができます

レビュー: (1)

  • 2024/4/25
    いろいろな機能が使えて便利です

日本語: 〇
オンライン(インストール不要): 〇
オフライン(インストール型): 〇

PDF24 Creatorでメタデータを削除する方法

PDF24 Creatorは、すべての機能を完全無料で利用できるPDFツールです。

デスクトップ版とオンライン版があります。アプリ版はありません。

以下では、デスクトップ版のPDF24 CreatorでPDFのメタデータ(非表示情報)を削除する方法をご紹介します。

PDFメタデータを削除するを選択する

PDF24 Creatorを起動します。

「PDFメタデータを削除する」を選択します。

ファイルを選択ボタンを押す

「PDFメタデータを削除する」画面が表示されます。

「ファイルを選択する」ボタンを押します。

メタデータを削除したいPDFファイルを選択する

「開く」ダイアログボックスが表示されます。

ファイルの保存場所(例:デスクトップ)、②メタデータを削除したいPDFファイル(例:12月カレンダー)の順に選択します。

「開く」ボタンを押します。

メタデータを削除ボタンを押す

PDFファイルが読み込まれました。

「メタデータを削除」ボタンを押します。

保存ボタンを押す

「あなたのジョブは処理されました。」というメッセージが表示されたらメタデータの削除が完了しています。

「保存」ボタンを押します。

ファイルを保存する

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。

PDFファイルを保存したい場所(例:デスクトップ)を選択し、②任意のファイル名を入力します。

「保存」ボタンを押します。

メタデータ編集を選択する

以上でメタデータを削除したファイルの保存が完了しました。

試しにPDFファイルを開いて、メタデータを確認してみます。

再度PDF24 Creatorを起動して、「PDFメタデータを編集する」ボタンを押します。

ファイルを選択ボタンを押す

「PDFメタデータを編集する」画面が表示されます。

「ファイルを選択する」ボタンを押します。

メタデータを削除したPDFファイルを選択する

「開く」ダイアログボックスが表示されます。

ファイルの保存場所(例:デスクトップ)、②メタデータを削除したPDFファイル(例:12月カレンダーメタデータ削除済み)の順に選択します。

「開く」ボタンを押します。

メタデータが削除されている

ファイルのメタデータが表示されます。

赤矢印で示したように各項目が空欄になっていれば、問題なくメタデータを削除できています。

PDF Candyの基本情報

PDF Candy

PDF Candy

評価: 3.0 (2)
評価をする:

☆を押した後にレビューができます

レビュー: (0)

    日本語: 〇
    オンライン(インストール不要): 〇
    オフライン(インストール型): 〇

    PDF Candyでメタデータを削除する方法

    PDF Candyは無料で利用できるPDFツールです。

    デスクトップ版とオンライン版がありますが、すべてのメタデータを削除できるのはオンライン版のみです。

    デスクトップ版の場合は「作成日時」「変更日時」を削除できません。

    以下ではPDF Candyのオンライン版で、すべてのメタデータを削除する方法をご紹介します。

    ファイル追加ボタンを押す

    PDF Candyの「PDFメタデータの編集」ページにアクセスします。

    「ファイル追加」ボタンを押します。

    ファイルを選択する

    「開く」ダイアログボックスが表示されます。

    ファイルの保存場所(例:デスクトップ)、②メタデータを削除したいPDFファイル(例:12月カレンダー)の順に選択します。

    「開く」ボタンを押します。

    メタデータをすべて削除する

    PDFファイルが読み込まれました。

    「著者」や「タイトル」などのすべての項目を空欄にします。

    「適用」ボタンを押します。

    ダウンロードボタンを押す

    メタデータの削除が完了しました。

    「ダウンロード」ボタンを押すと、PDFファイルが自動的にダウンロードされます。

    ファイル追加ボタンを押す

    以上でメタデータを削除したファイルの保存が完了しました。

    試しにPDFファイルを開いて、メタデータを確認してみます。

    再度PDF Candyの「PDFメタデータの編集」ページにアクセスして、「ファイル追加」ボタンを押します。

    PDFファイルを選ぶ

    「開く」ダイアログボックスが表示されます。

    ファイルの保存場所(例:ダウンロード)、②メタデータを削除したPDFファイル(例:12月カレンダー)の順に選択します。

    「開く」ボタンを押します。

    基本的にファイルは同じ名前で、「ダウンロードフォルダ」に保存されています。

    メタデータが削除できた

    ファイルのメタデータが表示されます。

    各項目が空欄になっていれば、問題なくメタデータを削除できています。

    AvePDFの基本情報

    AvePDF

    AvePDF

    評価: 0.0 (0)
    評価をする:

    ☆を押した後にレビューができます

    レビュー: (0)

      日本語: 〇
      オンライン(インストール不要): 〇
      オフライン(インストール型): ×

      AvePDFでメタデータを削除する方法

      AvePDFはブラウザから利用できるオンラインPDFツールです。

      無料版の場合は1日2回までの利用になるため、複数回作業したい場合は有料版への切り替えを検討しましょう。

      AvePDFでPDFのメタデータ(非表示情報)を削除する方法をご紹介します。

      ファイルを選ぶボタンを押す

      AvePDFの「PDFメタデータを編集する」ページにアクセスします。

      「ファイルを選ぶ」ボタンを押します。

      メタデータを削除したいファイルを選択する

      「開く」ダイアログボックスが表示されます。

      ファイルの保存場所(例:デスクトップ)、②メタデータを削除したいPDFファイル(例:12月カレンダー)の順に選択します。

      「開く」ボタンを押します。

      メタデータを削除する

      PDFファイルが読み込まれます。

      赤枠で囲った部分のメタデータをすべて削除します。

      申し込みボタンを押す

      すべて削除したら画面を下にスクロールして、「申込み」ボタンを押します。

      ダウンロードボタンを押す

      「ダウンロード」ボタンを押すと、ファイルが自動的にダウンロードされます。

      ファイルを選ぶボタンを押す

      以上でメタデータを削除したファイルの保存が完了しました。

      試しにPDFファイルを開いて、メタデータを確認してみます。

      再度AvePDFの「PDFメタデータを編集する」ページにアクセスして、「ファイルを選ぶ」ボタンを押します。

      PDFファイルを選ぶ

      「開く」ダイアログボックスが表示されます。

      ファイルの保存場所(例:ダウンロード)、②メタデータを削除したPDFファイル(例:12月カレンダー)の順に選択します。

      ③「開く」ボタンを押します。

      基本的にファイルは同じ名前で、「ダウンロードフォルダ」に保存されています。

      メタデータが削除されている

      ファイルのメタデータが表示されます。

      各項目が空欄になっていれば、問題なくメタデータを削除できています。