• 公開日:
  • 更新日:

Magic Keyboardの接続方法(有線接続も)

この記事では、Magic Keyboardを接続する方法について説明します。

MacやWindowsPCと有線接続する方法や、Bluetoothで無線接続する方法についての詳細をご紹介します。

WindowsPCとMagic Keyboardを有線接続するときの注意点も合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Magic Keyboardを有線接続する方法

ここでは、USB-C – Lightningケーブルを使用し、Magic KeyboardとMacを有線接続する方法を説明します。

ケーブルとキーボードを用意する

付属品のUSB-C – Lightningケーブル、Magic Keyboard、Macを用意します。

Magic Keyboardの電源を入れる

Magic Keyboardの電源を入れます。電源が入ると、画像のように緑色の底が見えます。

LightningアダプタをMagic Keyboardに差す

Lightningアダプタを、Magic Keyboardの上側面に差し込みます。

iMacの裏側にUSB-Cを差し込む

Macの裏側にある差し込み口に、USB Type-Cプラグを差し込みます。

有線接続できた

これで有線接続が完了しました。試しにMacのメモ帳に文字を打ち込んでみると、反映されていることが分かります。

システム環境設定を選択する

有線接続されたMagic Keyboardは、Bluetoothで接続されていないのか確認してみましょう。①画面左上のアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

Bluetoothを選択する

Bluetoothを選択します。

接続済みになっている

この画面では、Magic Keyboard含むBluetooth機器の接続状態を確認できます。有線接続したMagic Keyboardは自動的に充電状態となり、Bluetoothとも自動接続されることが分かりました。

MacBookとMagic Keyboardを有線接続する方法

MacBookとMagic Keyboardを有線接続する方法をご説明します。

必要な物を用意する

USB-C – Lightningケーブル、Magic Keyboard、MacBookを用意します。

Magic Keyboardの電源を入れる

Magic Keyboardの電源を入れます。電源が入ると、画像のように緑色の底が見えます。

LightningアダプタをMagic Keyboardに差す

Lightningアダプタを、Magic Keyboardの上側面に差し込みます。

USB Type-Cプラグを差し込む

USB Type-Cプラグを、MacBookに差し込みます。

MacBookとMagic Keyboardを有線接続できた

これで、MacBookとMagic Keyboardを有線接続することができました。

Magic Keyboardを使ってメモ帳アプリにテキストを入力すると、反映されていることが分かります。

MacBookとMagic Keyboardを有線接続したときのBluetoothの状態

MacBookでもMacと同様に、Magic Keyboardを有線接続すると「充電状態」となり、自動的にBluetooth接続されます。

WindowsPCとMagic Keyboardを有線接続する方法

WindowsPCとMagic Keyboardを有線接続するには、以下のようなUSB Type-A端子が付いたLightningケーブルが必要になります。

Lightningケーブル

しかし、2022年6月現在Appleから販売されているMagic Keyboardのほとんどが、USB-C – Lightningケーブルを付属しています。

お使いのPCに、USB Type-Cに対応した差し込み口がある場合は、付属品のUSB-C – Lightningケーブルを使って接続を行ってください。

差し込み口が無い場合は、以下リンクからUSB-A – Lightningケーブルを購入することができます。

PR

Anker iPhone充電ケーブル PowerLine II ライトニングケーブル MFi認証 iPhone 12 / 12 Pro / 11 / SE(第2世代) iPad 各種対応 (0.9m ホワイト)

Anker iPhone充電ケーブル PowerLine II ライトニングケーブル MFi認証 iPhone 12 / 12 Pro / 11 / SE(第2世代) iPad 各種対応 (0.9m ホワイト)

    なお、WindowsPCとMagic Keyboardを有線接続する際、USB Type-CからType-Aに変換するアダプタは絶対に使用しないでください。

    変換アダプタの注意点

    Type-Cを挿入する変換アダプタはUSB規格で禁止されており、最悪の場合、PC機器の故障や発火に繋がる恐れがあります。

    Type-Cは一度に大量の電流を流します。

    そこにType-Aの変換アダプタを無理やり装着したら、大量の電流に耐えきれず、アダプタが発火したりPCが壊れてしまう可能性があるのです。

    このような変換アダプタは大手メーカーからも販売されているため、注意が必要です。

    WindowsPCとMagic Keyboardを有線接続する際は、必ず「USB-A – Lightningケーブル」または「USB-C – Lightningケーブル」のみを使用してください。

    以下では、USB-A – Lightningケーブルを使って、WindowsPCとMagic Keyboardを有線接続する方法を説明します。

    必要な物を用意する

    USB-A – Lightningケーブル、Magic Keyboard、WindowsPC(Surface Laptop 3)を用意します。

    Magic Keyboardの電源を入れる

    Magic Keyboardの電源を入れます。電源が入ると、画像のように緑色の底が見えます。

    Magic KeyboardにLightningアダプタを差し込む

    Lightningアダプタを、Magic Keyboardの上側面に差し込みます。

    USB Type-Aプラグを差し込む

    USB Type-Aプラグを、WindowsPCに差し込みます。

    Windowsで有線接続できた

    これで、WindowsPCとMagic Keyboardを有線接続することができました。

    上記画像はメモ帳アプリで実際に文字入力を行った様子です。

    設定を選択する

    有線接続されたMagic Keyboardは、Bluetooth接続されていないのか確認してみましょう。

    スタート、②設定の順に選択します。

    Bluetooth接続されていない

    Bluetoothとデバイスを選択します。

    Bluetooth接続されているデバイスを確認してみると、Magic Keyboardが表示されていないことが分かります。

    MacやMacBookでは有線接続すると自動的にBluetooth接続されますが、WindowsPCではBluetooth接続されないことが確認できました。

    英数とかなキー

    有線接続であれば、「英数」「かな」キーでの入力変換が可能になります。

    ただし、commandなど一部のキーは機能が異なりますのでご注意ください。

    WindowsPCだと機能が異なるキーについては、以下の画像をご覧ください。

    Windowsのキーに相当するMacのキー

    Windowsと接続したMagic Keyboardは、commandキーがWindows ロゴキーに変わってしまいます。

    ショートカットキーを使いたいときは、commandキーではなくcontrolキーを使用してください。

    ペアリングして接続する

    Magic Keyboardは、ペアリングして接続することでケーブル不要なワイヤレスキーボードとして使うことができます。

    以下の記事では、Mac、iPad、iPhone、WindowsPCとMagic Keyboardをペアリングする方法をご紹介しています。

    Magic Keyboardをワイヤレスで使うことで、机の上をすっきりさせることができます。

    接続方法は非常に簡単ですので、ぜひ参考にしてみてください。

    Magic Keyboardをペアリングする方法

    本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

    • Magic Keyboard 
    • iMac (24-inch, M1, 2021) macOS 12.4
    • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.4
    • Surface Laptop 3 Windows 11 21H2